重度の肥満症にゼニカル

重度の肥満症にゼニカル

重度の肥満症にゼニカル

これまでにないダイエットの特効薬として話題になっているのがゼニカルです。
この医薬品の新しいところは、食べた食物の中にある脂肪の吸収を妨げて体外に排出させる力があるというところでしょう。
脂肪が吸収できなければ、それだけ容易に痩せることができるわけです。
そのため、これまでにないタイプの肥満症治療の医薬品として注目されています。

 

そのゼニカルに含まれている主成分はオルリスタットで、このオルリスタットに脂肪の吸収を妨げる力があるのです。
私たちが脂肪分を含んだ食事をした場合、脂肪は肝臓の胆汁に含まれているリパーゼ酵素によって分解されます。
そうすることで、腸から体内に吸収することができるのです。
つまり、リパーゼ酵素が働かなければ、脂肪を分解することができず吸収することができなくなります。

 

オルリスタットは、このリパーゼ酵素の働きを阻害するわけですから、脂肪を吸収することができなくなります。
吸収されなかった脂肪、腸管から吸収されずに便とともに体外に排出されるのです。
もちろん、すべてが排出されるわけではありません。
排出されるのは脂肪分の約30%ですから、脂肪分を多い食事をたくさん食べている方には効果絶大ですが、脂肪分の少ない食事を食べている方にはあまり効果がありません。

 

それにしても、最近は、脂肪分の多い食事が多いですから、食前に服用すればかなりの効果を期待することができます。
これまでのところ重篤な副作用の報告はありませんし、海外では安全なサプリとして使用されているほどです。
ただ、食前に服用することで食事に含まれる脂肪分をカットすることはできますが、すでに体についてしまった脂肪を落とすことはできません。
脂肪以外の栄養素は、ちゃんと吸収されますので安心してください。
服用を始めて半年ほどで効果を実感することができるでしょう。

 

日本でのゼニカルの扱いは医薬品ですから、重度の肥満症などの場合に病院で処方されます。
現在は、メタボや糖尿病なのどの方が、処方されることによって大幅な減量に成功し健康を回復しているそうです。
日本ではいまだに認可されていませんが、病院で肥満症と診断されれば処方してもらうことができます。
病院で処方してもらうのが難しい場合は、個人輸入という形で手に入れることが可能です。
個人輸入代行サービスのベストケンコーでも取り扱われていて、人気商品となっています。

 

服用を始めれば2週間でその効果を実感し始め、6か月から1年ほど減量効果が続くと言われています。
服用をやめてもしばらく減量効果が続きリバウンドがないというのですから、ダイエットをしたい方にとっては夢のような薬です。
アメリカで認められすでに認可もおりているゼニカルが、なぜ日本では未認可なのかが不思議なくらいです。
ただ、このように効果のあるゼニカルですが、副作用がないわけではありません。

 

脂肪が便と一緒に排出されるため下痢になることがわかっていますし、脂溶性ビタミンが不足してしまうこともわかっています。
服用する時は、脂溶性ビタミンを多く摂る工夫をしましょう。